「JARLを辞めろ」発言の真相究明

11月7日に開催されたJARL神奈川県支部大会において、JARL事務局長の大橋氏が、「JARLが作成した新定款に賛成できない会員はJARLを辞めろ」という趣旨の発言をしたという情報は、既に多くの方々のお耳に入っていることと思います。

私は、JARL神奈川県支部大会には参加していないため、この情報が真実なのか否か、客観的に判断する術を持っていません。大橋氏のこの発言が真実であれば、見過ごすことのできない大きな問題であると思われます。私は、JARLの理事として、単なる伝聞によって本件に対応することは不適切であり、第521回理事会において本件の真相を究明するべきであると考え、以下の議案書を提出しました。

------------------------------
平成22年11月11日

社団法人日本アマチュア無線連盟
日野岳専務理事 殿

第521回理事会の協議事項に関するお願い

 先般、11月7日開催のJARL神奈川県支部「ハムの集い」において、JARL事務局、大橋事務局長殿が「JARLの方針、施策に反対の方はJARLを辞めたら良いでしょう」との発言をされたと聞いております。
 この発言は「会員全体にとってきわめて遺憾な発言である」と、会員の間では大問題になっております。
 私はJARL理事として、単なる伝聞によって本件に対応することは適当でないと考えますので、下記の件を、第521回理事会の協議事項としてご協議下さいますようお願い致します。

             

1) 上記の大橋事務局長の発言に関する真相究明。

2) もし、上記1)が事実であれば、この発言内容を大橋事務局長ご自身が、訂正、又は取り消しされる意志がお有りか否か。

3) 又、上記2)を行うとしたら、それに関連して、会員全員に対し謝罪、釈明をなさるのか否か。又、本件に関して、その責任はどなたが、どのように負われるのか。

 以上、会員にとってはきわめて重要な事項であり、且つ臨時総会を前にして、その及ぼす影響も大きいと思考しますので、迅速な対応をお願い致します。

以上

社団法人日本アマチュア無線連盟理事  草野利一

by new_jarl | 2010-11-11 18:00  

<< 「JARLを辞めろ」発言に関す... JARL Web上における私の... >>