第525理事会

時間的には少し前の事になりますが7月30日~31日に開催された
第525回理事会について公式報告では見えない部分を書いてみます。

健康問題で会長を辞めるとした原会長ですが、理事会では2日間出席
して会議の議長を務め、大変お元気なご様子でした。ハムフェアにも
出ていました。ほんとに健康上の問題なんでしょうかね?

専務理事から会員数の報告があり、1年前に比べると1516人減少
したが前月比では39人増えたと嬉しそうに報告していました。
1年で1500人も減ったんですから、今後毎月40人増えたって1年で
480人増加に過ぎません。何かピントがずれていませんか?


原会長の11月退任に備えて次期会長選挙が行われました。
最初JA1AYO丹羽氏が手を挙げましたので立候補するのかなと
思いましたが、誰が会長になっても副会長をやるというような趣旨
の発言でした。私は最初何のことか分かりませんでした。(Hi)
結局立候補はJA5MG稲毛理事だけでした。所信を述べた後に無記名
投票が行われました。
JA5MG稲毛氏9票、JA1AYO丹羽氏5票、JG1KTC高尾氏1票で、
稲毛氏が次期会長に決まりました。
票数が合いませんが、これはJA9AG吉井氏が欠席、JA1HQG有坂
氏は既に退任しているためです。

次にJA5MG稲毛氏が副会長から会長に昇格することで欠員になる
副会長選挙が行われました。立候補者はいませんでした。
再び無記名投票が行われJH1UBU根本氏6票、JA3HXJ長谷川氏5票、
以下JH1XUP前田氏、JG1KTC高尾氏、JA2HDE木村氏、JA7AIW
山之内氏が各1票で、JH1UBU根本氏が次期副会長に決まりました。

私は理事に就任してから毎理事会で各種の議案、協議事項を
提出しています。第518回以降の理事会報告をご覧になってください。
驚くことにそれ以前の理事会では誰も議案を出していないのです。
会長、又は専務提案の議案を審議しているだけです。


会員が海外運用した際のQSLカードを国内だけでなく外国局宛にも
ビューロー経由で出せるようにしたいと519回理事会で提案しまし
たが、結論が延び延びになっていました。
連盟が、会員の海外移動運用を国際貢献の一環として積極的に支援
して活性化を図ることにより、退会者の再入会や新しく入会する人が
見込まれ、会員増加に貢献すると思います。
海外移動で遊んできたんだからQSLカードの転送料は自分で払えとか、
悪用されるとか、一人一つのコールと規則で決まっているなどと反対
があり、残念ながらボツとなりました。
ボツにはなりましたが賛同してくれる理事が4名あったことに意を強く
しました。今後もねばり強く働きかけるつもりです。

全会員を対象とするJARLの各種事業、懸案についての意識調査を
行うよう提案しました。今まで連盟はこのような調査をした事があり
ません。JARL改革には必要な調査と思います。
全員対象にアンケート調査をするのは経費の面で大きな負担になる
ので、投票用紙発送の封筒に同封してはどうかと提案しました。
しかし反対が多くこれもボツになりました。

ビューロでは非会員宛のQSLカードは廃棄処分されます。1年に処分されるQSLカードは何枚あると思いますか? 実に70万枚も
あるんです。オドロキです

なぜこんなに多いのでしょうか? 交信相手がJARL会員かどうか
確かめずに全てをラベルに打ち出してカードを島根ビューローに
送るからでしょう。特にコンテスのカードや記念局運用はこの傾向が
あります。
70万枚のカードは島根ビューローで会員か否かを調べています。
当然それに費用が掛かります。1枚当たり4円前後掛かります。
もし70万枚少なくなれば、ビューロに支払う費用の値下交渉が
できるでしょう。
ではどうしたら非会員宛のカードを減らせるでしょうか? ロギング
ソフトに会員データを入れることが出来れば、非会員宛のカードの
発行は止められます。
JARL Webの会員検索で数局づつ確かめることは出来ますが
何百、何千の局を調べることはできません。そこでエリア毎とか
で一括して会員コールをダウンロードできるようにしたらどうかと
提案しました。
この提案もWebの修正に費用が掛かるとか、スパムメールに
使われるとか選挙のDMに使われるという否定的な反応ばかりで
ボツになりました。

不都合な面の改善やムダを無くそうということで提案している
ものですが、良いことに目を向けず、ダメな理由を探して拒否
するのですからガッカリします。
しかし今後もめげずに知恵を絞って改善を提案していきます。

by new_jarl | 2011-09-16 23:26  

<< ハムフェアの入場券販売数はなん... ブログ再開 >>