PLC裁判は舞台を東京高裁に移ります

PLC行政訴訟原告団(団長JA1ELY草野利一)は、PLC型式指定に対する異議申立が総務大臣によって却下されたことに対し、処分を取り消すことを求めて、原告58名は5月29日東京高等裁判所に提訴しました。
PLC反対と裁判に訴えることが出来る(原告適格)のはアマチュア無線家だけで、短波放送受信者は原告適格がないとして裁判に訴えることができません。ハムにはHFをノイズ公害から守る責任があることになると考え、ねばり強く阻止活動を続けます。反対のスローガンだけでは守れません。
d0156483_23241586.jpg

d0156483_2327429.jpg

by new_jarl | 2013-06-04 23:41  

<< 今日はMRI検査でした。 核医学検査(骨シンチレーション) >>