平成27年度予算を見る(1)

 2月21日開催の第21回理事会報告を基に新年度予算を見てみた。

 平成27年度の支出総額は4億970万円(前年比2,030万円増加)である。これに対して収入総額は4億3,179万円(前年比1,085万円減収)だ。すなわち6,487万円の赤字で、この赤字はいつものように積立金から取り崩している。
 平成23年の旧JARL第53回総会(池田市)でJARLは平成26年度までに収支バランスを図り、赤字を解消すると公約している。終身(前納)会員をライフメンバーと称してQSL転送とJARL NEWSの発送を中止し経費減と追加金を求めて収入増を図りながらのこの巨額赤字である。今年の取り崩しにより正味財産は10億円を切り、9億3,678万円と一桁台に減少する。このままの状態が続ければ5年以内にキャッシュフローの減少でJARLの運営は破綻するに違いない。とてもじゃないが経営破綻の場合、債務責任を負う理事や社員になど怖くて誰もならなくなるのでは?

by new_jarl | 2015-04-27 16:18  

<< 平成27年度予算を見る(2) ハムフェア2015のポスター ... >>