創立90周年記念事業は、客寄せパンダ(会長)、撒き餌(専務)

 連盟創立90周年事業については複数の社員が準備書面を提出し、今年は創立90周年でもないのになぜやるのかと質問している。その回答たるや『新会長としての最初の施策、会員増強を成功させるための"餌"として利用するものだ』と、会員を愚弄するもので、到底容認できない。山之内会長、玉眞専務理事は即刻辞任すべきと断言する。

・JJ1WTL 本林社員事前質問
 連盟創立90周年の記念行事をその前年に当たる平成27年に開催する必要性は何か?
・JA7BCE 市川社員事前質問
 創立90周年は来年6月だが90周年記念祝賀会を今年8月に行われる。ハムフェアの期間にやるならば来年の8月で良いではないか。今年にやる理由、来年ではダメな理由は?
・JA1RTS 日下社員事前質問
 90周年事業を90周年ではなく89周年に開催する理由を会員各局にわかるよう説明ください。
・JA2GQT 中嶋社員質問
 創立記念式典等では一般に創立*周年を迎えた時に開いている。今年のハムフェアに併せて一年前倒しで計画されているが、実施するのなら来年6月に開催すべきで、「山之内会長」の花道を考えた施策と考えてしまう。JARLが置かれた厳しい財政状況に鑑み、90周年よりも100周年までにJARLの経営状況を改善し、身の丈を良くわきまえた適正規模の行事とすべきだろう。どのような考えで記念式典を実施するのか。
・JF8DSN 斉藤社員事前質問
創立90周年を迎えるのは今年ではなく来年になるが多くの会員はJARL WebやJARL NEWSまたCQ誌等の情報により今年が90周年であると誤認している。なぜ来年ではなく今年度にイベントを行うのか? 予算はいくらか? 予算費目はどこで確保されているのか? 本来90周年を迎える来年度はまた別になにか計画しているのか?


JA7AIW山之内会長挨拶(要旨)
 JARLは今いろんな問題を抱えています。その中で一番の問題は会員の減少じゃないかなと私は思っています。平成6年に会員は18万5千名ほど。しかし今は5万6千人名です。ここ20年ずうっと下がりっぱなしです。就任して最初にやろうと思ったのは会員増強です。会員増強なくしてJARLの将来はないなと思って会員増強に取り組んでいます。
 90周年キャンペーン、確かに人によってはまだ90年になっていないと言われるかもしれません。しかしインパクトの強いものがないとなかなか会員増強というのは難しさはあるだろうと思います。増強のためには、会員に色んな特典を与え、IC(メモリ)とかを差し上げたり、入会の仕方によっては12ヶ月を13ヶ月まで伸ばすとか、色んなことを考えてキャンペーンをしております。ハムフェアもですね創立90周年ハムフェアとして盛大に開催する予定です。
 会員増強を考え、進めないと将来のJARLはなかなか難しいと思います。これからもそういう面でキャンペーンしていきます。

JA1SLS玉眞専務理事回答
・祝賀会などメイン行事を会員が集まるハムフェアに合わせて実施する計画を立てました。今年の夏がちょうど90周年に当たる開催で、来年だと91年になっちゃうし、企業でも自社の姿勢や元気な企業力をアピールするようなことに何周年というのを利用しています。JARLは(創立90周年事業を)「会員増強キャンペーン」と言うことで企画しており、純粋に90周年記念セレモニーだけではないと強調しておきます。
・祝賀会、アワード、コンテスト、記念局などで約700万円を予定しています。広報活動費(の項目)に含まれています。来年は創立90周年行事は予定していません。
・祝賀会だけのための90周年でなく、90周年を餌と言いますか、ひとつの形にして会員増強キャンペーンをやっています。祝賀会だけでないことをご理解頂きたですい。


JA2GQT 中嶋社員追加質問
 多額の費用を計上して、それ以上の会員増を見込めますか。
・JH1HIC 山田社員要望
 90周年事業、会員増強策でやられているとのことですが、後日どの位の費用対効果があったかを教えて頂きたい。

by new_jarl | 2015-07-16 22:55  

<< 社員総会での会長&専務の回答(1) 社員総会質疑にみる反対者排除の... >>